◆sculpt-myself◆
by kazu_sakura-scape
I am ・・・
address:
Earth

work:
architect

favorite:
モノを創ること

それで共感できたり感動できたら素敵だと思う

◆About Comments◆

各記事の右下にある「comment」をクリックするとコメントを書く欄が下に出てきます。コメントは、ここに書き込み送信して下さい。

名前、パスワードはコメントを書き込むとき各自で設定してください。
コメントを消去したいときに必要となります。

URLは任意書き込みです。

☆★Thank you★☆

links
lll-deepbreathing-lll
uma-Low
ピリっ辛の瞬間々々・・・+
千葉魂@八王子
Anaitis
アウトサイド・アーキテクチュア
齊藤潤一の別に危なくないBOYAKI
Shinya Fujiwara
フォロー中のブログ
tzib
Green and Peace
新宿高層ビルにエクスタシ...
ou,topos
S h ...
旅行がしたい。。。
ほーほけきょ
カテゴリ
全体
architecture
book
competition
diary
exhibition
fashion
great journey
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 09月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
SNOOPY LIFE DESIGN Happiness is the 55th Anniversary
a0054422_1724195.jpg東京国際フォーラムにて開催されている、
SNOOPY LIFE DESIGN展に行ってきました!!

草間弥生さんや、KDa、アトリエ・ワン、坂茂さんなども出展していて、色んな視点からのスヌーピーを見ることが出来ます♪

スヌーピー好きには、たまらないです。

アーティスティックな作品も多いですが、タイトルにもLIFE DESIGNとあるように、作品内容は大きく衣・食・住に分かれています。

映像作品からお菓子の家まで、楽しく見れると思うのでお勧めです。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-25 23:59 | exhibition
ARCHITECT CUBE open house1224
a0054422_17203091.jpgエントランスから入って見上げた3層分の吹き抜け・・・
これ住宅ですか・・・?

美術館級のリッチな空間がありました。

オープンハウスに行くのは、実は僕にとってこれが始めての機会でしたが、建築家の設計した住宅には、細かい所までこだわった意匠が見れて、その力を体感できました。

子供が自分の部屋を見て喜ぶ無邪気な笑顔。そんな笑顔を作ることの出来た設計者の力量には圧倒されます。

ARCHITECT CUBE
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-24 23:59 | exhibition
the Nether lands
Amsterdam
a0054422_18301033.jpg


KUNSTH∀L
a0054422_18351127.jpg


100 WoZoCos
a0054422_1837211.jpg


FEM
a0054422_18412330.jpg


今日は、1年くらい前にオランダに行ったときの、まだ現像に出して無かったフィルムで撮った写真を出して来ました!
懐かしい・・・本当に良い国だった。

一番下の鳥の写真は、この日が雪が降る程寒かったんだけど、そんな時に鳥さんが建物の出入り口でウロウロして中から出てくる温かい温風で寒さを凌いでる様子。可愛すぎ♪
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-23 18:46 | architecture
TOKYO1222
今日から冬休みということで、行きたかったけど、行けてなかった展示会を見に行こう!
ということで都内を歩きまわることに・・・

CONTRAST
a0054422_11382289.jpg

これは御茶ノ水駅構内、中央線(新宿方面行)の壁面。普段は色んな店舗の広告や、メーカーの新製品などが掲載されている。
今は準備中らしく、全ての看板が真っ白で、普段見ない光景が広がっていた。日頃はモザイクのようにカラフルな看板が、白くフラットになった時、いつもよりもその看板の存在が強くなった気がする。カラフルが目立つわけじゃない、背景とのコントラストで勝ち負けが決まる。


SHIGERU BAN
ARCHITECTURE for Disaster Relief and Student Participation

a0054422_11481444.jpg

尊敬する建築家である、坂茂の展示会に行ってきました。会場はMDSギャラリーです。map
(今回で、この紙のギャラリーMDS|Gは締めくくられしまうので、会期は12月24日までですから、興味のある方はお早めに!!)
建築は、人を守るシェルターが起源にある。坂さんはその意識を強く持ち、また精力的に活動している建築家の一人だと思う。
紙の建築。軽く、持ち運びが出来て、セルフビルドで一般の人も簡単に組み立てられるシステムで、実際に多くの被災地でその建築は建てられた。

「自然災害などに見舞われた国々で仮設住宅や、シェルターを設計、建設する活動を始めて10年になる。
1995年、阪神淡路大震災で多くの建物が倒壊し、人々を傷つけたことに建築家として責任を感じた。何か出来ることは無いかという思いだけで被災地に入り、鷹取教会にたどり着く。
教会の焼け跡に紙管を使ってコミュニティーセンターと、ベトナム人信者たちの仮設住宅を作ったのが全ての始まりだった。
その後、大地震などが起きると、窮状を訴える電子メールやファクスがどこからともなく入るようになった。」(日本経済新聞(朝刊)2005年11月30日(水))

建築家として、多くの助けを求められ、それをサポートする坂茂を、僕は尊敬してやまない。


a0054422_12325971.jpgVivienne Westwood, 35 Years in Fashion

ファッション界に驚きと革新をもたらし続ける希有なファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。今回初めて、ファッションの展示を見に行った。実はファッションに携わる友人がいて前々から、こういったファッションには非常に興味を持っていた。その生い立ちと、スピリットはさることながら、そのバックボーンからも来る技術、社会に足対する精神、歴史からのリバイバル。何より服に用いられている素材の数々・・・。服は最小限の住宅かもしれない。
自分が設計をしているとき、仕上げについての意識が低いことを今回尚更痛感した。
素材によって見せる表情の違い、シルエット、バランス。学び取ることが多かったです。

Vivienne Westwood, 35 Years in Fashion


a0054422_1246963.jpgHIROSHI SUGIMOTO End of Time

メッセージのインパクトが強かった。
片目を閉じたときに変わる、対象物。
「もしこれが生きていると思ったら、あなたは生きているということに関して考えなおさなければならない。」(確かこんな感じの言葉だった・・・行ってみてください。)

シワを伸ばした建築。強い建築は、それでもなお、形態をとどめる。

森美術館


TOKYO CITY VIEW
a0054422_12561067.jpg

問題のジェットコースター・・・これ無いっしょ。

黒川紀章建築都市設計事務所による新国立美術展示施設。
円錐・・・ん~。

東京タワー夜景。キラキラ毛利庭園☆★☆


HUJIYAMA
a0054422_13101492.jpg
自然の作り出した、巨大な彫刻物。

夕暮れ時の富士さんは綺麗でした♪
キラキラの街も、富士さんの裾野の一部に見えます。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-22 23:59 | exhibition
winter vacation?
a0054422_2327720.jpg@リンガーハット

今日で今年の授業も終わり、ついに明日から冬休み~♪
「忘年会☆クリスマス☆お正月☆新年会」・・・なんて、そんなお楽しみ盛りだくさんな冬休みに果たしてなるのか・・・。

「スタディ・・・図面・・・模型・・・プレゼン」・・・除夜の鐘を聞きながら、スチレンボード切ってるなんてことも(´~`;)・・・いくらなんでも、そんなにストイックにはなれないな・・・。
三箇日はコタツでミカン食べてゴロゴロとテレビ見ていたい!!

この冬休みも、充実したものに成るか、成らぬかは自分の意思次第・・・しっかりスケジュール組んで頑張りましょ♪

今日は、今年最後の学校ってことで、帰りにビールも飲んでガソリン入れたし、あとは提出後に飲むビールを楽しみに頑張るだ!
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-21 23:42 | diary
KING KONG
a0054422_23433785.jpg
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る感動の超大作!

いやぁ、このインパクト・・・何も言うことないでしょ。
やっぱり、どうも他人事とは思えなくて・・・。

冬休みにでも見に行こうかな☆これは劇場で見ないとダメでしょう!!

なんか自分のプロフィールの写真に似てるな・・・(汗;)
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-18 23:48 | diary
because the world is not flat!
Live Luggage
a0054422_23141236.gifいつも重たい僕の鞄も、このバッグにすれば大丈夫♪

世界視野で考えてみると、東京から九州まで鈍行で行くのと同じ時間で、成田からオランダまで交通手段は違えど行けたりもする。
ある側面ではフラットになってきたこの世界も、ヒューマンスケールで見てみると、最近ではユニバーサルデザインが浸透してきたとは言え、まだまだちょっとした段差は溢れている。

そう、world is not flat!

そんな声明を元に誕生したLive Luggage

旅行での大荷物の負担もこれで軽減♪モーター搭載のロボット鞄☆
旅行に行くにも人それぞれ、荷物の量は全く違いますが、何かと用心深い僕はいつもバッグは重いです・・・そんな方にもいいのかも♪
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-17 23:19 | diary
lottery
a0054422_23305572.jpg年末ジャンボ宝くじ

毎年恒例のギャンブルしてしまいました!

とは言っても、まだ今まで4回くらいしか購入したことがないのですが・・・(汗;)
でも驚く事無かれ、今までの合計獲得金額は総額1200万円!!

・・・と言いたいところですが実際は1200円です。毎回300円獲得です、はい。
でも宝くじを買ったら、やはり誰もが夢を見ずにはいられないでしょ☆
「はぁ♪一等当たったらどうしよう!!家建ててぇ、車買ってぇ、残りは貯金しよっ♪」
とか言って、貯金なんていう超現実的な事を考えてたりしちゃったりもします・・・。
これから年末にかけて抽選結果までの、「賞金が当たったらどうしよう♪」と言う想像を楽しむということで、この楽しみを買ったと思えば、年に一度のギャンブルもいいものですよ☆☆☆
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-16 23:49 | diary
high-tech encyclopedia
a0054422_21535579.jpgスタルクがデザインを手がけたハイテク百貨辞典・・・
凄すぎです!!
付録のCD-ROMを自前のコンピュータに読み込むと、辞典に散りばめられた電子コードにリンクする仕組みになっていて、電子ペンでそのコードをクリックすると、CD-ROM内の2D・3Dアニメーションを楽しめます☆さらに適切なインターネットサイトにも導いてくれる仕組みになってます!!
また、鳥の鳴き声なども内臓していて、本当に近未来的な辞典です・・・
copyrightの関係上、画像はアップ出来ませんので、philippe-starckのホームページ内で☆
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-09 21:56 | book
KDa QUIZZZZZZZZ
Everything you always wanted to know about KDa but were afraid to aska0054422_048155.jpg今日の一風変わったNUフォーラムも、リズミカルなスライドのプレゼンテーションで、マークさんとアストリッドさんのやりとりも面白く、内容もKDaの活動を色々と見れてデザイナー本人の意見を聞けたということもあって充実したものだったと思います★建築の楽しさがダイレクトに伝わってくる作品が本当に魅力的です!!

日常あたりまえと感じていることが、実はもの凄くエキサイティングなものであるということに、注目出来ること。

a0054422_173383.jpg自分にとって当たり前のことが、誰かにとってはとてもエキサイティング☆
誰かにとって当たり前のことが、自分にとってはとてもエキサイティング☆

ありふれた日常生活にも違った視点を持つことで、新たに見えてくるものが色々あるという再認識をしました!

その後の懇親会では、調子に乗ってサーモンサラダの残ったレモン食べすぎました・・・。
地味に腹が痛い・・・
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2005-12-07 23:59 | exhibition