◆sculpt-myself◆
by kazu_sakura-scape
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
I am ・・・
address:
Earth

work:
architect

favorite:
モノを創ること

それで共感できたり感動できたら素敵だと思う

◆About Comments◆

各記事の右下にある「comment」をクリックするとコメントを書く欄が下に出てきます。コメントは、ここに書き込み送信して下さい。

名前、パスワードはコメントを書き込むとき各自で設定してください。
コメントを消去したいときに必要となります。

URLは任意書き込みです。

☆★Thank you★☆

links
lll-deepbreathing-lll
uma-Low
ピリっ辛の瞬間々々・・・+
千葉魂@八王子
Anaitis
アウトサイド・アーキテクチュア
齊藤潤一の別に危なくないBOYAKI
Shinya Fujiwara
フォロー中のブログ
tzib
Green and Peace
新宿高層ビルにエクスタシ...
ou,topos
S h ...
旅行がしたい。。。
ほーほけきょ
カテゴリ
全体
architecture
book
competition
diary
exhibition
fashion
great journey
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 09月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
caution
a0054422_17455245.jpgべしゃり暮らし
ROOKIES以来に見ましたけど、森田まさのりさんの描く世界は半端無く面白いっすわ。
帰りにMARUZENにぷらっと寄ったら、この漫画が目にたまたま入って即買いしてしまいました。それで帰りの電車で読んだんですが・・・大失敗!!

漫画の内容にでなく、読む場所に・・・。

あまりにも面白くて、電車の中で笑いをこらえるのに一人で必死になってました。
漫画を手にしながら、笑をこらえて変な顔になる挙句、プルプル震えてかなり変人だったと思います・・・隣の叔母さん席を替えてたし(´∀`;)
でもそれでも読むのをやめられないくら面白かったってことで、
この『べしゃり暮らし』次もまた買います♪

caution:べしゃり暮らしを公共の面前で読むべからず・・・と自分に言い聞かせてます(汗;)



a0054422_1811873.jpg砂時計
本当はこの砂時計を買うつもりのみだったんです。1~8巻で一応完結しているのですが、今回の9巻は番外編ということで発売されました。


1巻からずっと読んでますが、思いっきり爆笑できたり、切なくなったり、目頭熱くなったり、ストーリーに気付くと入りきってしまっています・・・。



漫喫で満喫出来ない時、読んでみて下さいな☆
個人的にかなりお勧めです。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-28 18:13 | book
Kawagoe survey
a0054422_0225735.jpg
今日は設計の授業で、川越市に敷地調査(?)に行ってきました。課題内容は、良き雰囲気・風景・生活の残るこの川越市、大正浪漫夢道り周辺にある、酒造蔵の再生・保存です。
かなり大きな蔵で、それをどう利用することで、これから未来に残し、地域の歴史を維持していくか。川越市の役所の方にも来て頂き、最終的にはその方にプレゼンをすることになります。
今回はグループ設計をするという大学側の方針なので、グループのみんなと周辺のサーベイに取り掛かりました・・・・がっ。
a0054422_0364361.jpg

見ての通り・・・食べ歩き、飲み歩き、日が暮れるまで、足がツルまで敷地周辺の雰囲気を満喫しました!!いやぁ、何せここに来るのに家から3時間ですからね。普通に日帰り旅行でしたよ。
満喫せずにはいられな~い(`∀´)ノと言わんばかりに、はっちゃけ騒ぎまわってました。
川越市のみなさん、観光客のみなさんには少なからず迷惑をおかけしたと思います・・・。御免なさい。
真ん中・左のリーゼントな彼が持つ木みたいな物体は何と、ふ菓子です。1メートルはあったんじゃないかと・・・。いやぁ、地ビールおいしかったぁ(´∀`゛)その名も『サツマイモラガー』480円也
芋ソフトクリームは激ウマだったぁ♪
観光にお勧めですよ~(´ω`)ノ
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-18 23:59 | architecture
crosscultural communicacation
桜で思い出した、先週の出来事・・・
花見で出会ったデザイナーの方と親しくなって連絡先を教えて頂いていたにも係らず、こちらから連絡をするのを忘れていました・・・不届者です。

頂いた名刺を何処にやったのか探し出し、慣れない英字メールをカタカタと・・・
でもここで芽生えた異文化コミュニケーションと、ネイティブの英語を勉強する機会、かつデザイナーと話すことが出来る機会。人と会うこと、話すことで自分にとって多く学ぶことがあると思います。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-16 22:13 | diary
skin change・・・
まだ桜もギリギリ残ってるし、まだまだ花見も遅くない!?
ちょっとの期間、スキン変更。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-15 18:00 | diary
flower
そらまめ
a0054422_1330874.jpg

えんどうまめ
a0054422_13304744.jpg


昨年、秋に植えた種から芽が出て、この春ついに花が咲きました。
夏には実った豆をつまみに、ビールをグイっといくのが楽しみです♪
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-15 13:36 | diary
Erik Gunnar Asplund
今日は建築家グンナール・アスプルンド─癒しのランドスケープ展に行ってきました。

森の火葬場・森の墓地は詞的な場だと思いました。死者と生きる者の対峙の場。

夏の家は本当に気持ち良さそうです。映像や1:10の模型もあって、展示内容が充実してます。
4月16日までなので、興味のある方は是非是非。

それにしても、新橋駅周辺は、高層ビルが多いですねぇ・・・
地平線が見えちゃうくらいフラットなところで普段生活している僕は目が回りそうでした・・・。
a0054422_1325268.jpg
携帯電話のカメラで撮影
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-14 22:01 | exhibition
GALLERYS
a0054422_2052085.jpgGALLERY MA
今日はギャラリー間に手塚貴晴+手塚由比展を見に行ってきました。
実は今回が始めてのギャラリー間進出の僕は、友人と青山から道に迷い続け、一時間歩き続けようやく着いたのです・・・。そんな迷える僕等をいきなり迎えたのは、フロア一体に広がる「ふじようちえん」の10分の1模型。圧巻です。こんな開放的でワクワクする幼稚園で過ごすのは気持ち良いだろうな・・・と思います。
上階には今までの作品の数々、スタディー模型の数々。そこから読み取れるのは、『こうしたいんだ!』ってのが、
ッバーン!!と表れていて、そのやりたいことをそのまま感じることが出来るということ。
自らやりたいことを、大胆に表現する彼等の表現力、思い切りの良さは魅力的です。

a0054422_20164687.jpgGA gallery
その後GA galleryにGA HOUSES PROJECT 2006を見に行ってきました。

建築家の思考プロセス、それを形に落としこんだ物には力がありますね。
常連の藤森照信さんの模型&ドローイングには大胆さと、やわらかさがあって、いろいろ勉強になります。
石上純也さんの住宅プロジェクトは抽象性がかなり高いけど、思考をピュアに落とし込んでいて、(かなりブっ飛んでるけど)なるほど・・・と思ってしまいました。

ってか同級生がGAでバイトしてました・・・あぁビックリ。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-11 20:00 | exhibition
sea paradise
a0054422_1942550.jpg今日は横浜・八景島シーパラダイスに行ってきました。
(HPに行くと白イルカの鳴き声らしき声が聞こえてきます・・・)
水族館なんてかなり久しぶりだったんですが、得体のしれない生き物がいたり、かなり楽しかったです。何よりもイルカショーには感動しました。
かなり賢いイルカちゃん、ひたすら歩くペンギンさん、ふとっちょのセイウチ・・・めちゃくちゃ可愛いです。彼等のパフォーマンスが満員の観客を感動させている背景にどれだけの苦労があるのかと思うと、尚更感動です・・・。
イルカさんと愉快な仲間達、感動をありがとう。

a0054422_19523469.jpgエイのお腹はこんなにユニークな表情してます。心身病んでた僕も、この表情を見てかなり癒されました。










a0054422_1955861.jpgシロクマさんは、疲労のためか爆睡してました。
しばらく見てても、鼻をピクリとするくらいで、やる気が微塵もありません。泳いでる姿が見たかった・・・
でも寝てる姿が可愛い過ぎです。ごゆるりと・・・
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-09 22:39 | diary
A picnic under the cherry blossoms
a0054422_1930091.jpg今日は身体測定を終え、上野公園へと花見に行って参りました。
ここ数日吹き荒れた風の影響もあり、花びらが結構散ってしまっていましたが、散った花びらの絨毯と、チラチラ散る桜吹雪のカーテン、空を覆う桜の天井に囲まれ自然の作り出す美しい空間に陶酔しました。

その後桜舞い散る中で、酒も進み、大学のOBの人や、事務所のスタッフさんとの交流もして楽しい一夜を過ごしました。中でも、ケニア出身の建築家の人と親しくなり、そこで
建築話に花が咲きました☆
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-08 22:55 | diary
exhibitions
a0054422_1935397.jpgMIES VAN DER ROHE
今日はMIES VAN DER ROHE展に行って参りました。
ミースの処女作から始まり、バルセロナパビリオン、ファンズワースハウス、シーグラムビル・・・と模型、ドローイングが展示され、バルセロナパビリオンの1/1十字型鋼が展示場内に立ってました・・・凄く綺麗で素敵です・・・
今まで何度かは見ていたものの、実際に座ったことの無かったバルセロナチェアーが展示場内に置かれていて、座ることも出来ました。皮の滑らかな質感、座った時の背もたれの具合が、僕の体にジャストフィーッツ!!!お金貯めて買おうと思いました・・・いつになるやら。
でも図面の美しさには、自然と目を奪われました。自分の図面があまりにもチッポケに見える。
目の肥やしになる、良い体験が出来たと思います。

Zaha Hadid
その後、原美術館で催されている、「舞い降りた桜 ザハ・ハディットとめぐるドイツ銀行コレクション」を見て来ました。内装が、ザハ氏によるもので、中庭に布が風にあおられた様な巨大なオブジェと、「椅子?座っていいのか・・・わからん。」ようなオブジェがありました。

a0054422_198315.gifTOKYO-BERLIN/BERLIN-TOKYO
その後、東京-ベルリン/ベルリン-東京展に行って来ました。二国の交流や接点をもとに、会場構成されています。またその中で、建築やアートの思想・時代背景の中で共通するものを何となく感じて、面白かったです。
展示内容も充実してると思います。必見。

a0054422_19103938.jpgMY ARCHITECT
その後、マイ・アーキテクトQ-AXに見に行きました。
自分より以前に見た人の意見は賛否両論でしたが、僕は素直に良い映画だと思います。

『伝説の建築家ルイス・カーンの私生児であるナサニエル・カーン。彼が幼少時代に謎の死を遂げた父の数奇な人生を受け入れるため、世界を旅する珠玉のドキュメンタリー。父を知る人々との出会いやため息が出るほど美しい建築
に触れ、父親探しの旅がいつしか自分探しの旅に変わる
とき、ナサニエルが見つけたものと は…。』

突然の死でこの世を後にした伝説の建築家が、その人生で跡にした建築と壮絶な人生・・・。
アメリカ吸響楽団の船の船長:ロベルト・ブードローと会うシーンは目頭を熱くしました。
興味ある方は是非是非。
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2006-04-07 23:59 | exhibition