◆sculpt-myself◆
by kazu_sakura-scape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
I am ・・・
address:
Earth

work:
architect

favorite:
モノを創ること

それで共感できたり感動できたら素敵だと思う

◆About Comments◆

各記事の右下にある「comment」をクリックするとコメントを書く欄が下に出てきます。コメントは、ここに書き込み送信して下さい。

名前、パスワードはコメントを書き込むとき各自で設定してください。
コメントを消去したいときに必要となります。

URLは任意書き込みです。

☆★Thank you★☆

links
lll-deepbreathing-lll
uma-Low
ピリっ辛の瞬間々々・・・+
千葉魂@八王子
Anaitis
アウトサイド・アーキテクチュア
齊藤潤一の別に危なくないBOYAKI
Shinya Fujiwara
フォロー中のブログ
tzib
Green and Peace
新宿高層ビルにエクスタシ...
ou,topos
S h ...
旅行がしたい。。。
ほーほけきょ
カテゴリ
全体
architecture
book
competition
diary
exhibition
fashion
great journey
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 09月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS
a0054422_049562.jpg

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ・・・仲の良いShopの店員さんに3~4年前に薦められて、ずっと気にしながらも中々見当たらず見れなかった映画を立ち寄ったレンラルショップで偶々発見し、天気も良く窓を全開に明けて昼間からビールを片手に見ました。

監督はガイ・リッチー、この作品を機に一躍その名を世界に轟かせたという作品。
ストーリーの展開がリズミカルで分かりやすくて面白いし、音楽、ファッションが本当にカッコ良くスタイリッシュで素敵でした。

うわさによると、宮藤勘九郎が木更津キャッツアイで構成に影響を受けたとか・・・。

個人的には大満足の★★★
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2009-05-07 01:08 | diary
Tokyo 0502
a0054422_22462822.jpg

皆さんGWをいかがお過ごしでしょうか??
僕は結局、東京で過ごし実家にも帰りませんでした・・・。

初日は友人に誘われるがまま建築散歩へ。
高円寺から始まり、渋谷、青山あたりを半日かけて歩き回りました。

高円寺ではOPENしたばかりの座・高円寺(伊東豊雄)、の見学へ。
開口はどことなく、まつもと市民芸術館を彷彿させるけど、実際体感してみると、まつもとよりも開口の大きさや数、密度に問題があるのか若干開口がうるさく感じる。
でも色彩は綺麗で、照明もポップで可愛かったです。
ただ、この建築のある種、象徴的な屋根の形態はCafeの空間に反映されてたはいるものの、あくまでも僕の主観ですが、想像していた程内部空間に影響を与えておらず、日影を避けた上でのひとつのデザインの回答であると思います。これがホールの音響や、空間に反映されていたら・・・なんて。

その後、青山へ行き先も決めずフラフラと青山・明治通りから細い道を適当に散歩して目に留まった建築を片っ端から観察して回りました。
IDEE SHOP ecarteは設計者不詳ですが、内部はどこに居ても光・風・緑を感じてとても快適で、肌理細やかな設計がされていると感じました。写真にあるようにサンクンガーデンは光がさして喧騒から隔たれた別世界です。

椎名英三氏設計の「直方の海」は、ディテールが本当に凄くて壁面に映る影や、内部仕上げのトラバーチンロマ-ノの床に映りこむインテリアは幻想的でした。
完全に品が違う空間です。この日一番の建築でした。

ルーチェ青山は完全に僕の好みの建築です。細分化されたファサード、分節されたボリュームと、その間に挿入された空間と周辺とのつながり・・・設計者は不明ですが、このデザインはTAKENAKAじゃないかなぁ・・・なんて。

平田晃久氏設計のR-MINAMIAOYAMAは建築内部や外部に街が連続してコンセプトがわかりやすくて形態も素敵でした。こういう壁と開口のメリハリがはっきりして色々な繋がりを感じる建築好きです。

最後に形見一郎、橋本健設計のmontoak。どことなく、フィリップジョンソンの印象を抱きました。
この表参道に面する立地に規模は小さいながらも、1階から上階まで吹き抜けがねじれながら展開していて、ラウムプランのような、限られた空間を最大限に利用し、また享受する空間構成でした。店員のサービスが・・・ん~・・・なんて。

あ~、でも天気が最高で、生温い会社の研修に飽き飽きしてたから本当良い気分転換になったー!
それから転勤するかも~!とか言っていた僕に連絡をくれた皆さん、飲みに誘ってくれた皆さん、本当にありがとうございました!

フタをあけてみれば、ちゃっかり品川勤務でした。
品川族のタカボーとなかちゃん、華金に付き合ってねー!

それではGW明けた明日からも頑張って行きましょー!

①座・高円寺
②①インテリア
③IDEE SHOP ecarte
④直方の海
⑤ルーチェ青山
⑥R-MINAMIAOYAMA
⑦montoak
[PR]
by kazu_sakura-scape | 2009-05-07 00:46 | architecture