◆sculpt-myself◆
by kazu_sakura-scape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
I am ・・・
address:
Earth

work:
architect

favorite:
モノを創ること

それで共感できたり感動できたら素敵だと思う

◆About Comments◆

各記事の右下にある「comment」をクリックするとコメントを書く欄が下に出てきます。コメントは、ここに書き込み送信して下さい。

名前、パスワードはコメントを書き込むとき各自で設定してください。
コメントを消去したいときに必要となります。

URLは任意書き込みです。

☆★Thank you★☆

links
lll-deepbreathing-lll
uma-Low
ピリっ辛の瞬間々々・・・+
千葉魂@八王子
Anaitis
アウトサイド・アーキテクチュア
齊藤潤一の別に危なくないBOYAKI
Shinya Fujiwara
フォロー中のブログ
tzib
Green and Peace
新宿高層ビルにエクスタシ...
ou,topos
S h ...
旅行がしたい。。。
ほーほけきょ
カテゴリ
全体
architecture
book
competition
diary
exhibition
fashion
great journey
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 09月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Rome-Madrid- Barcelona
修士設計もついに終わりました。
一生懸命手伝ってくれた後輩、同期の皆に感謝です。
自分がやりたいことはやり尽くしたし、思い残すことは無いくらい力も注げたと思います。
それも、心折れそうな時にも熱心に手伝ってくれた後輩がいてくれたからです。
もうこの恩は返しようがないです。本当にありがとう。
懇親会では先生方にも多々講評を頂いたり、ほとんど関わりの無かった他の研究室の後輩達からも色々と声をかけてもらえて幸せな時間をすごすことが出来ました。
それでも楽しさ8割、辛さ2割の修士設計でした。後輩はこの結果が間逆かもしれませんが・・・。

でも、修士設計が終わった今も、実はまだ終わってないのではという不安が心のどこかにあります。
提出に追われて作業してる夢を見て、何度か起きます。よっぽど精神的ダメージを負ったのでしょう・・・。

そんな僕には心を癒やす時間が必要です。
この3月はエンジョイするしかありません!

提出3日後、早速行ってきましたイタリア&スペイン。
今回、旅をする目的は、
学部時代何度も図面を見続けトレースし続けたRichard MeierとMiesの建築を観察するため。
ローマで古典の建築空間、光の入り方、アプローチ、配置、柱・壁を観察するため。
スペインではMiesのパビリオンとガウディの建築を観察するため。

マイアーの教会は本当に綺麗で、この旅の中でも1・2位を争う大好きな建築で見た後もそれは変わらないのですが、あまりにも突然としてあって建築の美しさと周辺の環境にギャップを感じてしまいました。
バルセロナで見た同じくマイヤー設計のMACBAも周辺環境の醜悪さに驚き、内部のメンテナンスも係員も今までみた美術館の中で最悪の状況です。

建築自体が周辺に与える影響はもちろん、良くも悪くも建築が建てられる環境・利用者が与える建築への影響も計り知れないと改めて実感。

ローマのサンピエトロ大聖堂の空間が持つ、今にも空に浮かび上がりそうな垂直方向への膨らみと、神々しく降り注ぐ光が与える神秘性に、以前横河氏が言っていた「空間に神が宿る」という言葉を思い出しました。

マドリードでは、Rafael Moneo、H&M、J・Nouvelの新旧の建築の衝突を見て古いものとの共存の巧みさと魅力を感じ、アトーチャ駅に限らずヨーロッパの駅空間の素敵さに目を輝かせてしまいます。
H&Mの足元のデザインは本当に素敵です。
2日連続で立ち寄ったスペイン料理屋では2夜連続で来たことを喜んでくれて、料理のサービスや酒のサービスをしてくれて思い出になる夜になりました。

バルセロナではモデルニスモの建築郡、そしてガウディの建築に触れ、その装飾と空間への反映と、機能性を見ることが目的となり、装飾の与える陰影の深さやスケール感、装飾の所々に排水機能を持たせたり、触れたときの柔らかさであったりと、視覚的機能だけでなく機能性を持ち、ランドマークとして、当然観光資源として街に与える影響の大きさは底知れません。

ガウディのフニクラが与える空間の質は、建築の構成要素の中でも天井が持つ空間への影響力を語り想像以上に素敵でした。

バルセロナパビリオンは何度も図面を見て、この旅の前にも何度も見返したけど実物は想像通り素敵だった。
周辺の環境はもっと鬱蒼とした静かな森の中にあると思っていたけど、幹線通りの隣にあって、それでも水際の上に張り出したフローティングルームと、クロムの十字鋼の柱が与える秩序が静的な場所を作り出していました。

ただ、見に行くだけではあっと言う間に終わってしまいそうなのでそれぞれの都市と建築に目的を与えながら見ることで、物凄く内容の濃い旅行になったと思います。
よく先生にシャーロックホームズか誰かの言葉を借りて「ただ見るだけでなく観察せよ」と言われたものです。
旅に行き、実際に見に行って体感する度に、実際に建築の取り巻く環境や街の空気、空間に触れなければ、いくら知識はあってもそれは何も理解していないに等しいもだと思います。

旅の中出会った人々、共に旅した友人達に感謝。
本当に素敵な旅になりました。
a0054422_13562218.jpg

①Colònia Güellにて
[PR]
# by kazu_sakura-scape | 2009-03-10 13:56 | great journey
Barcelona
a0054422_11422079.gif

①El Temple Expiatori de la Sagrada Família:A・Gaudí
②Passeig de Grácia通りの街灯:A・Gaudí
③Barcelona Pavillion:Ludwig Mies van der Rohe
④・⑤Casa Milà屋上・エントランスホール:A・Gaudí
⑥・⑦Esglèsia de la Colònia Güellの鐘・内部:A・Gaudí
[PR]
# by kazu_sakura-scape | 2009-03-10 11:59 | great journey
Madrid
a0054422_11295833.gif

①SPIRALを彷彿させる増築の繰り返された建築
②・③Estación de Atocha・内部 Rafael Moneo
④Caixa Forum H&M
⑤・⑥MNCARS J・Nouvel
⑦Madridのとあるレストランにて
⑧サービスしれくれた食後酒
⑨絶品パエリア
[PR]
# by kazu_sakura-scape | 2009-03-10 11:42 | great journey
Rome
a0054422_10124764.gif

①Rome上空
②憧れ続けたJubilee Church Richard Meier
③Jubilee Church内部
④Colosseum
⑤Basilica di San Pietro in Vaticano内部
⑥Basilica di San Pietro in Vaticanoドームより
⑦Campidoglio夜景
[PR]
# by kazu_sakura-scape | 2009-03-10 10:13 | great journey
aroma diffuser
修士キャンプインまであと数日・・・。
買い物がやたら多い、今日このごろです。
最近喉の渇きや肩こりが尋常じゃなく、自立神経失調症の症状が出てます(>д<;)
何故か口内炎も多発してて、体に異常がポツポツ出てきてます・・・。

そんな中、少しでも作業環境をよくしようと思い、アロマディフューザーを買いました。
a0054422_12552317.jpg

加湿器的な役割を果たしつつ、アロマ効果で心をリラックスさせてくれます。
買ったアロマオイルはティートリー「クリアで清潔感のある香りです。重たい気分をリフレッシュさせてくれると言われている。(無印より抜粋)」というもので、例年どことなく不衛生で重い空気をかもしだす修士ブースにうってつけと思い選びました。
少しでもクリアなブースになるよう頑張りたいです。

それから、疲れた心にポっと温まる知らせが来ました。
すっかり忘れてた、とあるコンペの結果が来て入選してました。
自律神経失調症の心に優しい薬となりました。

きっと日記を書くのも次は修士の発表が終わってからになると思います。
学生最後の修士キャンプイン(予定)、ドラマチックな修士、何かと辛い修士・・・でも、どんな修士でも皆で頑張れば、きっと乗り切れるはず(>~<)
頑張ろー!!
[PR]
# by kazu_sakura-scape | 2009-02-07 13:11 | competition